今回、「語彙力」に関わる取り組みをスタートさせますので、そのご案内となります。

今、子どもたちの著しい読解力の低下が問題視されています。
ある研究チームが行った読解力の調査結果によると、中高生の多くが教科書レベルの文章を理解できていない、という結果でした。
この、読解力低下の原因の1つとして考えられることは、語彙力不足です。

「語彙力」とは、どれだけ多くの言葉を知っているか、そしてその言葉をどれだけ使いこなせるか、という能力のことです。
つまり語彙力が低い子が本を読んでも、意味の分からない単語や言葉ばかりで、本の面白さを感じることができず、最後まで読もうと思えないのです。
また、今年の大学入学共通テストで平均点が昨年より大幅に下がりました。昔のように暗記一辺倒ではもはや解くことはできなくなり、読解力や思考力が求められる問題が多く出題されていることがお分かりいただけます。
このように、読解力や思考力のない子が大人になったとしても、社会的評価を高めることが難しい時代になっているとも言えます。
そこでNozomiでは、子どもたちの読解力や思考力の源となる、語彙力を高めていくための方法として、『語彙ドリルを習慣化する』取り組みを実施します。

概要

  • 希望者のみ実施(タイピング講座、プログラミング講座に関わらず、受講対象は全員です)
  • ドリルと専用ノートを購入していただきます(小学生と中高生で使用するドリルが違うため料金は若干異なりますが、約2,000円です)
  • 週1回自宅で取り組む宿題形式で行い、授業時にインストラクターがチェック
お申込みに関する注意点
語彙力は一朝一夕で身につくものではなく、習慣化して学習し少しずつ積み重ねていくものです。
親御さんから見て必要だと感じても、本人が自主的に継続的に取り組む意欲がないと向上しません。
私達もこの取組を行う上で、妥協せず一人一人と真剣に向き合っていきますので、お子さまとしっかり話をしていただき、自らの意思を持って継続的に取り組む覚悟を確認した上でお申し込みください。
速読解講座を受講の方へ
読解力や速解力、判断力など総合的にトレーニングするために、アプリや写経を行っていますが、トレーニングの成果をより向上させるためにはやはり語彙力が欠かせないものとなります。
読解力が伸び悩んでいる、語彙力のトレーニングを強化したいとお考えの場合には、速読解のトレーニングと並行して行っていただくと効果的です。
お申込み方法
フォームからお申込みいただくか、直接インストラクターへお声がけください。
お申込フォームはこちら
Nozomiプログラミング&Webスクール479ウェブ10スクラッチ10スクラップブック2スタッフブログ90なかのりブログ20プログラミング61ルークススクール33ロボサバ4令和の新教育チャンネル243情報5教育270毎パソ25速読解11進路9電子工作講座2