今回はSNSの代表例である「Twitter」「Facebook」の違いを解説します。
それぞれ、どのような特徴があるか押さえておくと、将来、仕事でSNSを使うときに、どれを使えば良いのかが分かってきます。
SNSの特徴をしっかりと押さえておきましょう。

Twitterの特徴

文字数が限定されている
140文字しか入力することができないため「つぶやき」と言われています。
何か思ったことをつぶやくというのが、一般的な使い方です。
140文字のため「この人、何を言っているんだろう?」というツイートもありますよね。
逆に、戦略的にやる人だと、140文字に文章をまとめて分かりやすく言っている人もいます。
実名ではなくペンネーム
基本的に誰が発信しているか分からないため、言いたい放題になることが多いです。
拡散はしやすいですが、良いコメントだけでなく、悪いコメントもどんどん拡散していきます。

まとめると…

拡散効果が高い反面、炎上も多く、Twitterは「ハイリスクハイリターン」なSNSだと思います。
ビジネスでTwitterを使う場合、上手くいけば一気に拡散しますが、最悪の場合、悪い口コミだけが広まり、上手くいかないということもあり得ます。
Twitterをやるときは、そういう部分は慎重にやったほうが良いと思います。

Facebookの特徴

ビジネスでの利用が多い
TwitterとFacebookを使っている年齢層を比べると、Twitterは若い人が多いのに対し、
Facebookは20代より上の人が多く、学生さんで使っている人はあまりいません。
就職活動をはじめた頃に、Facebookのアカウントを作る人も多いという印象があります。
企業に向けて自分の意見を発信する場合には、Facebookが向いているからです。
文字制限がない
いろいろな文章を長めに載せることができるので、ビジネスでの利用も多いです。
実名
誰が言っているのかが分かります。
Facebookで炎上したというニュースを聞かないのは、実名だからです。
実名である分、発言に責任を持って投稿する人が多いです。

まとめると…

実名投稿で、仕事上の活用も多く、Facebookは「ローリスクローリターン」なSNSだと思います。

まとめ

それぞれのSNSの特徴を見極めて、使い分けていきましょう。

Nozomiプログラミング&Webスクール92ウェブ8スクラッチ1スタッフブログ16プログラミング8ルークススクール3令和の新教育チャンネル33教育65