主体性を失った子供たち。本来の学びの目的とは②

前回に引き続き、教育総合展にて拝聴した基調講演「これからの学校が目指すべき姿」についてご紹介します。

宿題を提出することが目的になっている

日本の教育は勉強時間をふやすことが目的になっています。
日本は家庭学習の時間が多いです。しかし、宿題をだせば出すほど、悪くなっていくのです。
そもそも、本来の学びの目的とは何でしょうか。

ほとんどの生徒は、×を飛ばして提出します。
しかし、自立した生徒は×だけをやります。
20問中18問はできるのに、全部やる必要はあるのでしょうか?
間違えた問題を、できるようにするという努力ができていないことになります。

これでは、「基礎学力を身に着ける」という目的が、
「宿題を提出する」という目的になってしまいます。
「宿題を提出する」という目的にとらわれ、
「自分で何が必要かを考える」、タイムマネジメントが必要だという機会を奪っているのです。

学びの目的

  • わからないをわかる
  • 聞く
  • 調べる
  • 繰り返す

これが学びの目的です。
板書、ノートの取り方が大事なのではありません。
書くのが苦手な子、聞いて覚える子。
学びのスタイルはそれぞれ異なります。

自分に合った学び方を見つける、それが学校です。
既に既存の学びは腐敗しています。
新しい学び方がたくさん増えているからです。

つまり、個別最適化を図り、
「画一的な教育から多様的な教育へ」変化する必要があるのです。

今掲げている目標は、そもそも目標としてふさわしいのでしょうか?
全員にとって、なにが一番大事なのでしょうか?
最上位の目標ができれば、それを解決するために、一つ一つ課題を見つけ出し、それを改善するために、全員が当事者となって話し合う。
当然、対立もでてきます。
みんな違っていいのです。
違いを認め、他尊重する。
最上位の目標の実現に向けて、粘り強く対話をすれば、必ずみんなから合意を得ることができます。
全員が当事者になって解決していくことが重要なのです。

Nozomiプログラミング&Webスクール185ウェブ8スクラッチ6スタッフブログ37プログラミング28ルークススクール11令和の新教育チャンネル88教育135