③ブロックチェーン

ルークス
「サトシ・ナカモト」はそういった不正が一切できないような仕組みとして「ブロックチェーン」を考えだしたのです。
グラミン
ブロックチェーンってそんなにすごい革新的な技術なの?
ルークス
いや、ブロックチェーンに使われている1つ1つの技術はずっと昔から存在していて、そういう技術を組み合わせて作られたものなんです。
例えば、みんなが今使っているスマートフォンって、電話とパソコンを組み合わせたものでしょ?
でも、指で操作したり、画面を大きくしたりといった工夫をして、便利になってみんなに使われるようになりました。
ブロックチェーンも、昔からある様々なIT技術の組み合わせ方やその発想、アイデアが実に革新的で素晴らしいんだ!
ブロックチェーンは簡単に言うと、絶対に不正ができないインターネット。ものすごく信用が高いインターネットといえば分かりやすいかな。
グラミン
えぇ!そんなことできるの!
ルークス
できます!だからブロックチェーンは革新的なアイデアとして注目されているんです。
仮想通貨は、通貨というくらいだから、お金のやり取りが発生するわけで、そういった場合、絶対に不正ができない仕組みってものすごく重要ですよね。
このブロックチェーンの仕組みをビットコインに使ったおかげで、ビットコインが生まれてから今まで一度も不正されたことはありません。
ブロックチェーンは、君たちが大人になったときに絶対に必要な技術だから、別なときにしっかりと説明します!
グラミン
うん。何となく分かった。とにかく安全に取引ができるってことでしょ。
ルークス
今はそう理解しておけばOKです。
国や銀行に支配されない「ビットコイン」、誰も管理しなくとも不正が起こらず安全に取引できる「ブロックチェーン」
この2つを考えだしたサトシナカモトは、実在していればあのノーベル賞を取れるって言われているんです。
ノーベル賞を取るためにはまずレポートを書きます。
ルークス
そのレポートが優れている場合に賞をもらえますが…研究者はたくさんいて、レベルがあります。
レベルが低い研究者は、レベルが高い研究者が書いたレポートを参考にして、自分の研究をしているのです。
レベルが高い研究者のレポートを参考にすることを、引用といいます。
その引用数が多ければ多いほど、優秀なレポートとして認められる。
大体、大学教授レベルで500位の引用数、ノーベル賞を取るには1000以上の引用数が必要だと言われているんです。
サトシ・ナカモトが発表したビットコインについてのレポートは、2018年の時点で4500以上も引用されています!
グラミン
すげー!本当にノーベル賞取れるじゃん。
ルークス
でも、サトシ・ナカモトの正体は未だにわからないから、ノーベル賞は取れません。
グラミン
でも、多くの学者が興味を持ったのがよく分かった。
やっと、おもしろくなってきたよ!
ルークス
次回はビットコインの誕生についての話をします!
Nozomiプログラミング&Webスクール264ウェブ8スクラッチ6スタッフブログ52プログラミング39ルークススクール25令和の新教育チャンネル134教育186毎パソ6速読解2