今回は「大学へ行く必要があるのか」というお話です。

数字で見る違い

・生涯年収
高卒の人が働きはじめてから生涯で稼ぐ金額と、大卒の人が働きはじめてから生涯で稼ぐ金額の差は、平均4,000万円だということです。
・社長の割合
高卒37,6%(ZOZOの前澤さん・RIZAPの瀬戸さんも高卒の社長)
大卒52,4%(大手に限ると85,4%、つまり、大手の社長はほとんど大卒)
・大手への就職率
大卒は高卒の約3倍であり、大卒のほうが有利だということです。

大学院生を採用した経営者へのアンケート

大学院生を採用した経営者108名にアンケートをとった結果……

採用してよかった?
「採用してよかった」58%
大学院生は活躍している?
「活躍している」65%
今後も採用したい?
「採用したい」67%

以上から、大学院生というのは、採用しても好意的な目で見られているということが分かります。

なぜ、採用して良かったのかという質問に関して……

思考力がある
54%
優秀と感じる
41%
スキルがある
38%

この結果を見ると、大学院を卒業したほうが就職も有利だし、活躍できるということが分かります。

大学に行くメリットとは?

大学に行くメリットは、大企業に入りやすいということだと思います。
しかし、そのメリットは、最近、薄れてきているようにも感じます。
大企業でもいつ倒産するか分からない時代になっています。
入ったとして、倒産しなかったとしても、リストラになる可能性もあります。

皆さんが知っているような大企業も、リストラや早期退職を促しているということが分かります。
コロナの影響もあるとは思いますが、大手に入ったとしても、リストラや早期退職を促されることはよくあることなんです。
昔のように終身雇用制ではないので、大企業に入ったとしても、一生安泰だということはなくなっています。

大卒、高卒に関係なく、生涯を生き抜く力を身につけることが大切です。

Nozomiプログラミング&Webスクール508ウェブ10ジュニア・プログラミング検定1スクラッチ11スクラップブック2スタッフブログ95なかのりブログ26プログラミング62ルークススクール34ロボサバ5令和の新教育チャンネル254募集・受付中8情報5教育270毎パソ27速読解12進路9電子工作講座2