今回は2000万円問題についてのお話です。

まず2000万円問題とは「老後の資金が年金だけでは足りず、2000万円不足するというもの」です。
金融庁の金融審議会が、老後資金が2000万円不足するという報告書を出したことがきっかけで、
国会で問題になり、テレビや新聞でも取り上げられ、話題になりました。

今の子どもたちは「自分には関係ない」と思いあまり関心を持っていませんが、実は、今、知っておかなければいけないとても大事なことです。
だから、今回、取り上げることにしました。

年金とは?日本が抱えている大きな問題

皆さんも知っていると思いますが「年金」というものがあります。
年をとって働けなくなり、お給料がもらえなくなったときに、国がその分の生活費を出してくれるという仕組みです。

この年金は、働いている人が国に納めている税金の中から出されています。
働いている人が少なくなれば納める税金は少なくなり、年金をもらう人が増えると年金の金額が少なくなります。
これが、今、日本が抱えている大きな問題の一つなので、押さえておきましょう。

働いている人1人でお年寄り1人抱える「肩車社会」へ

私が中学生の頃は「お前らが大きくなった頃には、神輿社会になるから頑張れよ」と言われていました。
神輿は4人で担ぎますよね。
だから、働いている人4人でお年寄り1人を支えるということで「神輿社会」と言われていました。

ただ、少子化が進んでいき、さらにお年寄りが増えていくことにより、今は3人で1人を支える騎馬戦状態になりました
そして、それも崩壊してきています。
今の子どもたちが大人になる頃には、働いている人1人でお年寄り1人抱える「肩車社会」になると言われています。

人々の2000万円問題の捉え方

2000万円問題に対して文句を言い、デモをする人もいますが、だいたいの人は冷静に受け止めていると思います。
逆に「2000万円で足りるの?」と思っている人や「元々、年金なんてあてにしていないよ」という人も多いと思います。
次回は、2000万円問題についてどのような対策をしていかなければいけないのか、お話をします。

Nozomiプログラミング&Webスクール49ウェブ4スクラッチ1スタッフブログ2プログラミング7ルークススクール2令和の新教育チャンネル8教育42