今回は、人間にとって睡眠が大事な理由についてお話しします。

睡眠の重要性

昔は「寝る間も削って努力をしろ」とよく言われました。生物の進化の理論では、睡眠は進化にとってはマイナスとも考えられます。
進化は、生存と子孫繁栄の二つの目的しかありません。
寝ているときには、生存のための食事も子孫繁栄もできません。

では、なぜ睡眠は備わったのでしょうか。
様々な研究では「適切な睡眠をとらない限り、自ら求める肉体や人生を手に入れることは絶対にできない」ということが分かっています。
睡眠を削って作業をすることは効率が良くないということです。
寝ている間には、想像もできないほど大切なことが起こっています。

老廃物の除去と組織の修復

睡眠中には、死んだ細胞の除去やリサイクル、有害物質の排除など、脳が正常に機能するために必要な掃除作業が行われています。
つまり、寝ないということは、掃除をしていない部屋で勉強や仕事をすることと同じだということです。
部屋が汚くなれば目に見えますが、脳の構造やメカニズムは目に見えないので軽視しがちです。
睡眠をとらないと脳のゴミはどんどん溜まっていきます。だから、睡眠の認識を改めましょう。

また、睡眠中には、壊れた筋肉組織が修復されます。
睡眠中に多く分泌される成長ホルモンがあり、そのゴールデンタイムは午後10時から午前2時です。
実際には、一番深く眠りについたときだと言われています。

その間に何が行われているかというと、ダメージを受けた細胞の修復や再生、肌のターンオーバーの正常化などです。
メラトニンという睡眠ホルモンによって、成長ホルモンの分泌が促されるため、メラトニンの分泌が最も多くなる深夜1時から3時にターゲットを当てて深い眠りにつくためには、10時くらいに寝るのが一番良いと言われています。

Nozomiプログラミング&Webスクール479ウェブ10スクラッチ10スクラップブック2スタッフブログ90なかのりブログ20プログラミング61ルークススクール33ロボサバ4令和の新教育チャンネル243情報5教育270毎パソ25速読解11進路9電子工作講座2