今回は、今まで5000人の子どもたちを見てきた岩井社長に「良くない勉強法ベスト5」第1位を教えていただきます。

第1位「学校の授業(先生の話)を聞かない」

岩井社長
これは最悪です。
裏返しですが、うちの塾の子どもたちは、塾の授業をものすごく真剣に聞くんです。
なぜかというと、聞かざるを得ないんです。
そういう子に育てているんです。
授業を聞かないと駄目になることが目に見えています。
学校の授業を聞かない子は、本当に成績が伸びません。
これも僕です(笑)。
なかのりPG
ある意味、反面教師なんですね。
岩井社長
僕は、愛知県の一番偏差値の高い学校に行っていました。
シミズくんという友達は、僕と同じくらい遊んでいたのに、いつもトップだったんです。
「なんで?」と聞いたら「お前は授業を聞いていないじゃん」と。
そういえば、彼は、一番前に座って、腕を組んで、じーっと先生の授業を聞いているんです。
僕は、一番後ろに座って、早弁をしていたんです。
この差だけなんです。彼は「学校の授業さえ聞いていれば、内容は8割分かる」と。
これは真理だと思いました。
その体験があったから、子どもたちに「授業を聞いていれば大丈夫だから」と言えるようになりました。
なかのりPG
学校の授業を聞かなくても、塾の先生がうまいから、塾だけやっていれば良いと思う子もいると思います。
それは駄目ですか?
岩井社長
すごく無駄ですよね。学校の先生の授業をちゃんと聞けるようになれば、8割方分かるんです。
そしたら、あと2割だけ塾で理解すれば良いんです。それが効率の良い勉強だと思います。

おすすめの勉強法「とにかく授業を聞くこと」

なかのりPG
ちなみにおすすめの勉強法はありますか?
岩井社長
「とにかく授業を聞くこと」です。
そうは言っても、なかなか一生懸命聞こうとは思えないんですよ。
1時間、50分、ずっと集中できる子はいません。
だから、僕は割り切って「子どもたちを集中させて、精神を研ぎ澄ませて打ち込ませるのは20分」と決めています。
残りの30分は、僕が馬鹿話をしたり、子どもたちが黙々とする時間にします。
子どもたちがそのやり方に馴染むと、学校の授業も聞くようになります。
うちの塾は、成績がものすごく伸びると言われていますが、ノウハウは「ちゃんと授業を聞く生徒にさせること」だけなんです。
なかのりPG
授業を聞く習慣をつけることが大事なんですね。
Nozomiプログラミング&Webスクール264ウェブ8スクラッチ6スタッフブログ52プログラミング39ルークススクール25令和の新教育チャンネル134教育186毎パソ6速読解2