今回は「間違いだらけのスクール選び」の第3弾「料金や支払について」のお話です。

一括支払いと月謝制について

月謝制ではなく「○○コース」「年一括払い」というような、一度にたくさんの支払いが必要なスクールがあります。
スクールも会社なので、最初にたくさんのお金を支払ってもらったほうが、
経営が安定・安心なので、そういう料金設定にしています。

あとは、単純に、年一括払いにしてくれたら多少単価を落とすと、
サービスとしてやっているところもあるので、全部が駄目だということではありません。

でも、最初にドバッと支払われ、あとはどんな教え方でも良いというふうになると、
どうしても教える側の気持ちは上がらず、質が落ちてしまう傾向があります。
そのようなことを考えると、月謝制のほうが、講師の質も下がらないメリットがあります。

少額のコースから試してみよう

最初はミニマムなコースを選びましょう。
多少単価が高くても数万円のようなミニマムなコースを選び、
少し通ってみて「あっ、ここは良いな」と思ったら、次に大きなコースを選びましょう。

でも、大きなコースを勧めてくるスクールもあると思います。
そのようなときには注意してください。
良心的なところは「小さいコースから試してみてはどうですか?」と言ってくれます。
逆に、大きなところは「とりあえず入れよう」というノルマ感に駆られた先生も多いです。

どれだけ良いスクールでも合う・合わないがあります。
だから、友達が「ここはすごく良いよ」と言ってくれたとしても、
最初はミニマムコースを選んで
「自分に合うな」「楽しいな」「スキルが上がるな」と確認してから大きなコースに申し込むのが良いと思います。

クーリングオフを使わせないようにするスクールがある!?

もう一つポイントがあります。
「契約から8日間、初回の授業予約をとれないスクール」は絶対にやめるべきです。
大きな契約の場合には「クーリングオフ」が必ずあります。
クーリングオフは、契約から8日間はいつでも、どんな理由であれ、解約ができます。
一旦、お金を支払ったとしても戻ってきます。

初回の授業で「違うな」と思われて辞められることがないように、
8日間のクーリングオフが過ぎるまでは最初の授業を受けさせないというスクールがあります。
そのようなスクールには注意をしましょう。

Nozomiプログラミング&Webスクール96ウェブ8スクラッチ1スタッフブログ16プログラミング8ルークススクール3令和の新教育チャンネル36教育68