前回、お店を開くために必要なことをお話ししました。
お店を開くためには、大体1000万円ぐらいのお金が必要です。
では、このお金はどのようにして準備するのでしょうか。

お金はどこから借りる?

ルークス
街におかし屋さんはありますよね。どうしていると思いますか?
大ていの人は銀行からお金を借りているんです。
グラミン
へぇ。銀行にお金を預けたことしかないから、知らなかったよ。
だって、お金を預けているだけでは、銀行はお金もうけできないよね。
でも、銀行って何か売っているわけではないし、どうやってお金をもうけているの?
ルークス
いい質問ですね!
それでは、ここで問題です!
銀行はどうやってお金をかせいでいるでしょうか?
正解は…
ルークス
さっきのようにお店を開きたい場合、ぐらみん君は銀行に行ってお金を借りますよね。
そのときに1000万円借りたら、1000万円返せばよいのではなく、少し多めに返さなければならないのです。
グラミン
それは知ってる。
ルークス
例えば1000万円借りたら1100万円にして返すとしましょう。
それを何年かに分けて少しずつ返すのです。
グラミン
そっか、最初にお金を使っちゃうからいきなりは返せないよね。
売ってかせいだお金ですこしずつ返すんだね。
ルークス
そうです。そして無事に1100万円返したとしましょう。
そのとき、銀行はいくらもうけていますか?
グラミン
100万円!
ルークス
これが銀行のお金もうけの方法です。
グラミン
お金もうけって何かを売ることかと思ったけど、こういう方法もあるんだね。
ルークス
はい。このとき必要な1000万円を元金と言って、余分に支はらう100万円を利子といいます。
グラミン
うーん、なんとなく。
ルークス
この元は元金、子は利子のことを言っているんですよ。
グラミン
へー!そーなんだー。
Nozomiプログラミング&Webスクール267ウェブ8スクラッチ6スタッフブログ54プログラミング39ルークススクール25令和の新教育チャンネル135教育189毎パソ6速読解2