前回は、不景気が起こる理由①「バブル」についてお話ししました。
前回に続き、不景気が起きる理由②、「リーマンショック」についてです。

②リーマンショック

ルークス
今回の例だと、
お母さん=銀行
暗黒サンダー=家
ということになりますよね。
暗黒サンダーの値段が上がっていったように、家の値段もどんどん上がっていったのです。
本来持つ価値よりもはるかに大きな値段がつけられていることに気付いた人たちは、家を買う気がなくなってきたのです。
そうすると、先程の例のように家の値段はどんどん下がり、やがては買った時の値段よりも安い値段でしか売れなくなってしまいます。
例えば3000万円で買った家を3000万円でそのまま売れれば、ローンが払えなくても、最悪売ってしまえば良いですが、
2000万円でしか売れなくなってしまった場合、家を売っても1000万円の借金が残ります。
グラミン
そうだよね。
ルークス
サブプライムローンは信用が低い人たちに貸していたローンでしたよね。
そういう人たちが数千万円から、数億円の借金を返せるはずがありません。
こうして、不良債権が次々と発生してしまったのです。
1000円の不良債権はなんてことないですが、
アメリカのあらゆるところで、数千万、数億円単位の不良債権がいくつも起こっていたらと想像してみてください。
このサブプライムローン引受の筆頭だったリーマン・ブラザーズは、ニューヨークの一等地でビルを構える超大手会社でしたが、
60兆円というアメリカ市場最大の負債を抱えて倒産してしまったのです。
この事件をリーマン・ブラザーズの名前を取り、リーマンショックと呼んでいます。
Nozomiプログラミング&Webスクール329ウェブ8スクラッチ6スクラップブック1スタッフブログ67プログラミング49ルークススクール28令和の新教育チャンネル166教育218毎パソ11速読解6