思いやり

こんにちは。インストラクターのななせです。

少し前の話になりますが、ロボサバ集中対策講座が行われました!
まずは第1回大会を振り返ることから講座は始まりました。
普段使い慣れているScratchで動きをイメージし、新しいコマンドの打ち方や勉強したあとはとにかく練習!

実践練習をしているとき、こんな出来事がありました。

今回、パネルを使える場所は二か所でした。
限られた時間の中で、早くロボットを動かしたい、順番が待ち遠しい気持ちがあると思います。

そんな中で、他の子がパネルを使っているときに
「おしい!」「いけ!あと少し!」
と一緒になって盛り上がっていたり

他の子が問題をクリアすると、
「やったね!」「すごい!」「俺も次こそ!」
と他の子の成功を一緒に喜んでいたり。

ロボットを動かしているときパネルがずれたら、すかさず抑えてあげている子もいました。
みんなの優しい姿に、思わず笑顔になりました!!

自分の番が終わってパネルがずれていれば、直してから次の人と交代する。
こういった当たり前のようなこともしっかりできている姿が見られました。

「自分がよければいい」ではなく、ほかの人への「思いやり」の心を持ったみんなを見て、とても良い気持ちになりました。

楽しく、気持ちよくいい気分で練習でき、充実した時間を過ごせたのではないかと思います。
今回の講座で、次回に向けてのモチベーションがさらに高まったようです!
前回に引き続き参加する子も、新たに参加する子も、みんな楽しくがんばりましょう!

Nozomiプログラミング&Webスクール309ウェブ8スクラッチ6スタッフブログ63プログラミング47ルークススクール28令和の新教育チャンネル153教育209毎パソ10速読解2